快進撃!!九州シーザーズ2連勝!!

2017年10月21日(土)に通算6戦目のとなるプレシーズンマッチが、名古屋のちくさ座で開催された。対戦カードは「NAGOYA BRAVES」vs「KYUSYU CAESARS」。

初めての顔合わせとなるこの対戦だったが、チームとしては4回目ゲームとなる名古屋の「組織力」「ゲームプラン」「チームワーク」など経験を生かした戦いに対し、九州は「個性」「グルーブ」などを武器に戦う、互いに特徴を出し切る好ゲームとなった。得点的にも第4ピリオドが終わる最後までどちらが勝つかわからない中、「487点 対 492」で九州が接戦を制しデビュー以来2連勝を飾った。ゲーム中、すべてのムーブで独特の世界観と的確なスキルを見せ続けた「ゆうきa.k.a。地球」がMVPを獲得した。

ちょうど1年前に史上初のゲームを開催し、ホーム3戦目となる名古屋は、入場時からファンの大声援を受けて始まった第1ピリオドのライブゲームを練り上げたルーティンを駆使して「143点 対 136点」で制したが、得点差は7点とまだまだどうなるかわからない得点差だった。

続けて第2ピリオドのスターアップゲームでは九州が個の力を発揮し、1stバトルから僅差の戦いを制すと引き分けを2回挟みながら2連勝。最後の5thバトルでは、スターアップゲームで現在まで負けなしの3連勝で強さを見せていた「さくら」と今回のMVPを獲得することになる「ゆうきa.k.a.地球」の対戦となった。「ゆうきa.k.a.地球」は、ここでテクニック満点となる素晴らしいムーブでその独創性を見せつけ勝利し、3勝2分けで九州がスターアップゲームを制した。

ハーフタイムを迎えた時点で、1ピリオドづつ制した両チーム。
合計得点もわずか2点差とどちらが勝利を手にするかは、続く後半に持ち越された。

第3ピリオド、ホームチームの名古屋がブースターの声援を背に受け、円形のステージを巧みに使い九州に攻め込むが、九州も持ち味である個性と技術で応戦、アチチュードで上回る名古屋とテクニックを見せつける九州。どちらがこのピリオドをとるかわからないまま得点発表を迎える。会場全体が緊張に包まれる中、わずか1点九州が上回り第3ピリオドの勝利を手にした。

それでも、トータルで3点差、勝負の行方は最後までわからない展開となった。そんな中、第4ピリオドでもそれぞれがチームの持ち味を最大限に生かす戦い方は変わらず、名古屋は監督の泰智を始めすべてのプレイヤーが踊り、ダンサーMONA、KIGHTがラップするなど予想外の作戦で会場から大きなプロップスを受けていた。対する九州も時にハードに時にコミカルにムーブを繰り出しアウェーチームとは思えない声援を受けていた。

会場の熱気もマックスになる中、HOST MCの「終了」の合図が鳴り響き、会場は一転して緊張感に包まれた結果発表の時間となった。結果は先にも述べたように九州が見事な逆転劇で僅差での勝利を手にしたのだが、内容的にはどちらが勝利を手にするのかわからない状態が最後まで続く好ゲームとなった。

次戦は、12月7日(木)に大阪BIGCATにて「FE OSAKA」vs「KYUSYU CAESARS」が開催される。

関連記事

  1. 【動画】「名古屋ブレーブス」vs「F.E.大阪」2016年10月23日のリキャップを公開

  2. 【PRESEASON MATCH REPORT】名古屋ブレーブス vs F.E.大阪2017年10月…

  3. 2017年末時点でのダンスリーグ順位発表!!

  4. 【動画】広島REDFLEX vs F.E.大阪2017年5月20日@広島NTTクレドホール

  5. 広島RED FLEXがホームゲーム第二戦を勝利!!

  6. 超十代を制したのはF.E.OSAKA!!

  7. 【動画】「名古屋ブレーブス」vs「広島レッドフレックス」2017年3月26日のリキャップを公開

  8. 【動画】広島REDFLEX vs 四国INFINITY 2017年12月17日@広島マリーナホップ

  9. 【動画】「九州シーザーズ」 vs 「広島REDFLEX」@ベイサイドホール

PAGE TOP